男も女もやめれれない、オナニー・・・ きょうもおかずを探して徘徊してます。
03 * 2019/04 * 05
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
04/15
日本の制裁怖くない?「発射」北朝鮮が恐れるもの
「実質的な意味失っている」「衛星であろうと何であろうと、国連決議違反であることははっきりしている」(麻生首相)という日本の主張は、米韓両国はもちろん、英仏などヨーロッパ諸国からも支持されているようだ。北朝鮮は、より交渉力を増したといえるだろう。韓国の外交専門家は、クリントン政権時代、テポドン1号を打ち上げた北朝鮮が、結果として、アメリカから経済支援を引きだした前例を挙げて、「さまざまな見返りを期待しているのだ」と見る?

発射後は、国連安保理による新たな決議を目指すが、やはり、拒否権を持つ中国、ロシアが大きなカベとなって立ちはだかる。日本政府の訴えに対し、「人工衛星なら、そんなにイライラするべきではない」(中国・武大偉外務次官)、「決議違反については日本とは異なった立場だ」(ロシア・デニソフ外務第一次官)と、その態度は冷たい!

発射後は、国連安保理による新たな決議を目指すが、やはり、拒否権を持つ中国、ロシアが大きなカベとなって立ちはだかる!

「難しいことは事実だが、北朝鮮に強いメッセージを出すことが大事」という中曽根外相の言が虚しく聞こえる。日本は、発射を停止させるためにどんな外交努力を行ったか、発射されてしまった今、北朝鮮とどう向き合えばいいのかが、今回のテーマ!当面、日本の打つ手は限られ、経済制裁、とくに輸出全面禁止が考えられるが、これも大きな効果は望めないらしい?

逆の立場だったら、とうに先制攻撃している国なんだから、この段階で何もしないって事は、日本にミサイル来たってロクな事しやしないよあの国は。

日米韓は元山での新たな発射計画の実態をつかんだことで、北朝鮮への制裁強化や長距離弾道ミサイルの迎撃などに慎重な姿勢を崩さない中国、ロシアに対する説得材料とし、働きかけを強めていく考えだ。

で、日本は未だに何もしねーって、どんだけ腰抜けなんですか?海自護衛艦、海賊警戒スアフリカ・ソマリア沖の海賊対策として、海上警備行動に基づいて派遣された海上自衛隊の護衛艦「さざなみ」と「さみだれ」が30日、オマーンの港湾都市サラーラの沖合に到達し、同日深夜(現地時間同日夕)から、5隻の「日本関係船」を対象に初の警護活動をスタートさせた。相次ぐミサイル発射計画は、平成18年に国連安全保障理事会が北朝鮮に「大量破壊兵器と弾道ミサイル計画の完全なる放棄」を求めた制裁決議1718号に違反するだけでなく、「衛星」打ち上げとの北朝鮮の主張が矛盾に満ちていることを示している!日本国内に落下物などによる被害は確認されていないが、発射情報が流れた瞬間、上空を通過した秋田、岩手両県をはじめ日本列島に緊張が走った?

北九州市八幡西区の男性会社員(53)国際社会のルールを無視した、認められない行為!民団在日韓国人を中心とした在日本大韓民国民団(民団)は発射後、北朝鮮や朝鮮総連に抗議文を送ったと発表した。早紀江さんは「北朝鮮は我々の常識とはかけ離れている」と述べ、家族会の増元照明事務局長(53)も「国際社会のルールを破ればそれだけのリスクがあることを北に知らせていかなければならない」と訴えた?長崎県佐世保市で在日米軍を監視する市民団体「リムピース」の篠崎正人・編集委員(62)は「日本の安全保障にとって危険度が増したのは確かだが、今回の実験は政治的意味合いが強い!

米軍も発射に便乗して危機感をあおっており、共に存在意義を誇示しただけだ」と大規模な警戒活動に不快感を示した。日本も迎撃すると言っているが、戦争はどっちも被害を被るから良くない。北九州市八幡西区の男性会社員(53)国際社会のルールを無視した、認められない行為?朝鮮総連によると、福岡県本部に3月下旬「ミサイル発射やめろ」と書かれた紙に包まれた石が投げ込まれ、広島や愛知の朝鮮学校には脅迫めいた電話がかかっているという?

日本や米国、韓国が北朝鮮に『絶対に核兵器をつくってはいけない』ときちんと言うべきだ」と警戒感を強めた。愛する国土・美しき平和な海に、我々日本人へ向け発射したのである。無責任・ノー天気な極楽トンボ政党・北朝鮮シンパ政党は、何時から、我々日本国民を、脅威・恐怖に追い込み貶める為の政党になったのか・・・!
Comments

Only the blog author may view the comment.
 

Trackbacks
Trackbacks URL

Copyright © 2019 オナニーのレシピ.
all rights reserved.