男も女もやめれれない、オナニー・・・ きょうもおかずを探して徘徊してます。
03 * 2019/04 * 05
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
04/21
「春のめざめ」で少年少女の性描く

セックスシーンやマスターベーション、同性愛者のキスなど衝撃的な場面の連続だが、オリジナル振付補のジョアンは「初めて舞台に上がる新人ばかりだけど、よくやってくれた。

トニー賞で8冠の人気ミュージカルで、思春期の少年少女の性を赤裸々に描いた舞台。

劇団四季ミュージカル「春のめざめ」(5月2日初日、東京・浜松町の自由劇場)のけいこが13日、横浜市の四季芸術センターで公開された。トニー賞で8冠の人気ミュージカルで、 思春期の少年少女の性を赤裸々に描いた舞台。

セックスシーンやマスターベーション、同性愛者のキスなど衝撃的な場面の連続だが、オリジナル 振付補のジョアンは「初めて舞台に上がる新人ばかりだけど、よくやってくれた。セイターは1999年、米コロラド州で起きたコロンバイン高校乱射事件に衝撃を受け、心を病んだ子供たちへメッセージを伝えたいと「春のめざめ」のミュージカル化を決意した。

無味乾燥な授業、理不尽な教師、無理解の親に囲まれた思春期の少年少女の叫びを描いた。思春期の子供たちのエネルギーと教育問題の両面が出ている優れた舞台だ。

少年少女が性や自殺の問題と真剣に向き合う姿を、ロックの音楽に乗せて見せようとしたのだ。日本の観客の感性にマッチした上演となるよう、演出や翻訳についても、英語のネーティブスピーカーの劇団員を中心に意見交換を行ってきたという。

観客の年齢を問わず、作品を若者として体験できるのが強み」と時代と国境を越えた普遍性を強調した。一方、メルヒオールの友人、モーリッツは性的悪夢のため勉強に集中できず、教師の陰謀で退学処分になり、親にも見放されて自殺を図る。

ストーリー 19世紀末ドイツ、ギムナジウム(中高等学校)で退屈な授業や無理解な大人に囲まれ、息苦しい毎日を送る少年メルヒオール。

それは『人生は生きるに値する』という四季が追い続けたメッセージと変わりない」と語り、さらに作品の魅力を「100年以上前の原作にロック音楽を取り入れ、封建社会で親や教師に抑圧された少年たちの心の叫びをダイレクトに観客に伝えている」「セックスや妊娠、同性愛など過激な内容を持つ一方、教育問題も深く取り上げている」と熱っぽく語った。

子供たちの性の目覚め、思春期の悩みを描き、独帝国時代の抑圧された道徳観が、いかに子供を追い込んでいるかを批判した作品。

「その日の強い印象は忘れられない」と衝撃を語り、まさにその日から四季の「春のめざめ」上演に向けた活動が始まった。


Comments

Only the blog author may view the comment.
 

Trackbacks
Trackbacks URL

Copyright © 2019 オナニーのレシピ.
all rights reserved.