男も女もやめれれない、オナニー・・・ きょうもおかずを探して徘徊してます。
03 * 2019/04 * 05
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
04/24
彼女の胸は大きく、あそこにも毛が生えていた
その後真由とやってる時は無我夢中だったが、今思い出すとあの真由の淫らな顔や声、体を思い出すだけで興奮する最高の体験だった。

とにかく真由を気持ちよくさせなければと俺は必死になっていた。

とりあえず真由の家には誰もいないという事なので、真由の部屋ですることにした。真由も俺に好意を抱いていた感じだったが、とりあえず友達のまま中学を卒業。

最初どこまで脱がしていいか分からなかった俺はとりあえず全部脱がしてしまった。アナルを開いて、舌でつついたり、匂い嗅いだりして刺激した。

声は出さないものの腰を浮かして感じている。

そんなに匂いはしなかったけどその行為に興奮してしまった。

夜遊んでて、クルマでボロイラブホの前を通ってさ〜「このラブホぼろいよね」何て話をしていてそのラブホの中はどうなってるんだろ〜なんて話になって何気なく入ってしまった。

身体を横にしてお尻のホッペの舌を這わせながら、割れ目に舌を動かしてアナルを舐め始めた。

もう片方の手ではいつのまにか口をおさえてた。



Comments

Only the blog author may view the comment.
 

Trackbacks
Trackbacks URL

Copyright © 2019 オナニーのレシピ.
all rights reserved.